幸せ研究室

ようこそ、幸せ研究室へ。せっかくの人生、めいっぱい楽しまなければもったいない。 毎日心の底から笑って幸福になりたい。だれもがそう願っています。お釈迦様だってそうだったのです。

今からおおよそ二千四百年前、 悟りを開いて仏陀となられたお方、 お釈迦様が説かれた教え、 それが仏教です。

喜びに溢れた楽しい人生を送る方法を、 仏陀の尊い教えから選び出して、 できるだけ易しく説明させていただきます。 きっと幸せになれるヒントが見つかると思いますよ。

仏教をご存知の皆様はもう一度初心にお帰りいただき、 仏教は初めてという方は素直なお気持ちで、この教えをじっくりと味わってください。 皆様に、尊い教えをお持ち帰りいただくことが、私の願いです。 合掌。

第一部 仏陀の教えの真髄

仏教の長い歴史の中で仏陀の教えは、 人々に様々に解釈され変化し発展して来ました。 長い長いの歴史の中でも、 未だに変わらずに伝えられている教えがあります。 これこそ、最も大切な幸せの道の教えです。 この教えには宗教色がほとんどございませんから、 どのような宗教を信仰されておられる方でも、 また無宗教の方でもすんなりとご納得いただけると存じます。

第一部 第一章 幸福と善
第一部 第二章 信心と功徳
第一部 第三章 八正道
第一部 第四章 無財七施
第一部 第五章 四無量心
第一部 第六章 十悪

仏陀の教えの真髄 英語版

第二部 仏陀の教えの構造

第二部では、仏陀の幸せの道の教えをさらに掘り下げて説明していきます。

第二部 第一章 三学
第二部 第二章 六波羅蜜多
第二部 第三章 布施
第二部 第四章 四諦
第二部 第五章 四苦八苦
第二部 第六章 煩悩の三惑
第二部 第七章 五蘊
第二部 第八章 六根
第二部 第九章 六境
第二部 第十章 六識
第二部 第十一章 三法印
第二部 第十二章 三帰依

第三部 教えの展開

第三部からは、仏陀の教えを活用して、 毎日の生活を幸福にするヒントを集めて行きます。

第二十五章では、イエス様の「山上の垂訓」をお借りして 命より大切なものを探り、お釈迦様が説かれた教えを再確認します。

第三部 第一章 仏教と神
第三部 第二章 仏教の愛とキリスト教の愛
第三部 第三章 地獄極楽の方便
第三部 第四章 中道
第三部 第五章 喜び・楽しみ・感謝、同情・慰め
第三部 第六章 祈り
第三部 第七章 意識を集中
第三部 第八章 心の安定
第三部 第九章 与楽抜苦
第三部 第十章 褒め上手、褒められ上手
第三部 第十一章 伴侶を得る
第三部 第十二章 富
第三部 第十三章 失敗と嘘
第三部 第十四章 無駄口の止め方
第三部 第十五章 悪口の止め方
第三部 第十六章 二枚舌の止め方
第三部 第十七章 節度の美意識
第三部 第十八章 怒らない
第三部 第十九章 間違いを正す
第三部 第二十章 喜怒哀楽の表し方
第三部 第二十一章 怪我と病気に向き合う
第三部 第二十二章 老いと死に向き合う
第三部 第二十三章 戦争と殺人
第三部 第二十四章 人口増大と環境
第三部 第二十五章 命より大切なもの
第三部 第二十六章 忍耐と頑張りを楽しくする
第三部 第二十七章 人から認められたい
第三部 第二十八章 若い人へ
第三部 第二十九章 嫉妬から身を守る
第三部 第三十章 人が活きる集団

第四部 付録

第四部 付録 あとがき
第四部 付録 参考資料
第四部 付録 訂正履歴
第四部 付録 全ページ バックアップ

第五部 迷いの航海記録

第五部は、筆者の日常の迷いをプログで書きます。

迷いの航海記録 (携帯電話では正しく表示できません)

ページ先頭へ

この文書は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
(表示 - 非営利 - 継承)です。
作: 大野 伸介 (2011年11月より 2017年03月27日)
好試力研究所へ お問い合わせ


一日三回教えをつぶやきます。
BD